効果的なダイエットの方法と秘訣TOP > 効果的なダイエット法とは? > 最も効果的なダイエット方法とは?

最も効果的なダイエット方法は咀嚼

最も効果的なダイエット方法であると、私が普段から感じていることを書きたいと思います。結論から言うと、それは咀嚼(よく噛む)ことです。

もちろん筋トレも、とても効果的なダイエットの方法です。筋肉を増やすだけで、基礎代謝量が増えて、ダイエットを有利にしてくれるからです。言ってみれば筋肉は、ダイエットで成功を勝ち取るための防波堤の役割を果たします。筋肉があれば、有酸素運動をしたぶんだけ、脂肪を燃焼させることも可能になります。体温も上昇するので、冷え性が改善され、いろいろな面から、ダイエットを後押ししてくれます。

ここでは、そのことを大前提として、別の側面から、最も効果的なダイエットを解説していきます。筋トレをした上で、食事面において最もオススメのダイエット法は、咀嚼です。よく噛むということですね。

食べ物をよく噛んで食べる。たったこれだけのことに、ダイエットの極意が詰まっています。肥満治療の現場でも、推奨されています。よく噛んで食べると、三つの物質が、あなたの食欲を抑制してくれます。食欲を抑制することができれば、1日全体の摂取カロリーが減少するので、ダイエット成功のためには、とても重要なのは分かるでしょう。

最も効果的なダイエットは咀嚼であると、本当に常々思っています。何も高価な低カロリー置き換え食品など購入しなくてよいのです。そんな手間を掛けて、カロリーを減らさなくても、簡単に摂取カロリーを減少できる方法が、よく噛んで食べるということなのです。しかも置き換え食品は、下手をすると基礎代謝量を下回って、体が飢餓状態に陥る危険性をはらんでいます。でも、よく噛んで食べる方法なら、腹八分目の段階で、ようやく満腹感を感じますから、そのような危険もありません。

よく噛むと、飲み込むようにして食べるよりも、速やかに消化・吸収されます。すると早めに血糖値が上昇し、脂肪細胞からレプチンという生理活性物質が分泌されます。これが脳の視床下部にある満腹中枢に作用して、満腹感を覚えるのです。血糖値が上昇するまでには、だいたい20分くらいかかりますから、そのくらい掛けて、よく噛んで食べることによって、レプチンの力を借りて食欲を抑制できるというわけです。

私が咀嚼は、最も効果的なダイエット方法だと思うのは、レプチンの作用だけではないからです。そのほかヒスタミンという神経伝達物質もかかわっています。ヒスタミンは、必須アミノ酸のヒスチジンを原料として作られます。よく噛んでいると、咀嚼筋の刺激がヒスタミンを分泌させ、脳の満腹中枢に影響を与えます。それによって、食欲を抑えることができるのです。

ですからガムを噛むことでも、食欲を効果的に抑制できます。本当は、食事のときに、よく噛むことがよいのですが、軟らかい麺類やパンなどを食べる場合、食前にスルメやガムを活用すると、ヒスタミンの力を借りて食欲を抑制できるようになります。

ヒスタミンのメリットとして、食欲を抑制できるだけでなく、食後にカロリーを消費するという点が挙げられます。とくに内臓脂肪を減らす効果が、医学的に認められています。ヒスタミンが交感神経を優位にして、脂肪を分解・燃焼してくれるのです。これは運動を必要としない、脂肪の燃焼ですから、ダイエットする人はうまく活用するようにしましょう。

そのほか咀嚼が最も効果的なダイエットと、私が感じるのは、セロトニンの分泌を促すからでもあります。咀嚼というのは、単調な運動です。こういったシンプルな動きには、ウォーキング(歩行)やジョギング、踏み台昇降、呼吸法などがあります。こういった単調な動きは、考える必要がなく、脳内にセロトニンという神経伝達物質を増やすのです。セロトニンは精神を鎮静化させるとともに、満腹中枢にも働きかけます。そして、やはり食欲を抑制してくれるのです。

以上のように、三つの側面から食欲を抑えてくれる咀嚼。しかもヒスタミンは、運動なしに、脂肪を減らしてくれるのです。食べながらにして、脂肪が減っていくわけですね。どう考えても、咀嚼こそが最も効果的なダイエット方法といえるでしょう。もちろん冒頭で述べたように、筋トレと併用すれば、それこそ最強のダイエット法といえないでしょうか?

ただし咀嚼には注意点もあります。寝る前に食べる人は、ダイエッターではあまりいないとは思います。それでもガムを噛む人がいるかもしれません。咀嚼は脳内に、セロトニンやヒスタミンという神経伝達物質を増やします。これはモノアミン作動性ニューロンを活性化させます。

睡眠時には、ギャバ作動性ニューロンが、モノアミンを抑制することによって、ようやく眠りに入ります。よって寝る前に、モノアミン系を活性化すると、目が冴えてきて、不眠の原因になるので注意しましょう。

逆に考えると、朝起きたときに、しっかり朝食を摂って、そのときによく噛んで食べれば、覚醒度を上げることに役立つということになります。