効果的なダイエットの方法と秘訣TOP > 効果的なダイエット法とは? > 効果的な有酸素運動のやり方とは?

効果的な有酸素運動のポイント

効果的な有酸素運動のやり方を解説します。

オーソドックスな有酸素運動の方法は、食後2時間くらい経って、お腹が落ち着いてきた頃に行なうやり方です。とくに空腹感もなく、快適に運動する方法。

この方法でウォーキングやジョギングをすると、運動開始後20分くらい経ってきたころに、体脂肪が主要なエネルギー源となります。(もちろん初めから少しは燃えていますが・・・)  しかし、脂肪を燃焼するためには、毎回20分以上歩いたり走ったりしなければならず、長続きが難しくなります。ストレスもたまりがちです。そこで効果的な有酸素運動の方法の登場です。

効果的なダイエットの方法では、運動法でも食事法でもそうですが、ストレスをいかに少なくするかを考えていきます。ストレスがたまって、それが長期化すると、コルチゾールというホルモンが副腎皮質から分泌されてきます。そうなるとタンパク質をブドウ糖に分解して、血糖値を上げます。それはとりもなおさず、インスリンの増大と脂肪の蓄積を促すことになります。

効果的な有酸素運動のやり方は、ふた通りあります。ひとつは考え方(発想)を変えること。もう1つは、運動開始時から、すぐに体脂肪を燃焼できるようにコントロールすることです。

発想の転換としては、必ずしも20分続けて有酸素運動をする必要はないということ。こま切れのエクササイズでも、体脂肪が燃えてくれると考えるわけです。実際に、10分のこま切れ運動を行い、合計で20分以上になるようにすれば、結局は連続で20分以上運動したことと同じになるといわれています。

ですから、ちょっと買い物に行くときに早歩きする。また、帰りに早歩きをする。そのほかにも、もう一回10分くらいのウォーキングタイムを作れば、20分は優に超えるのではないでしょうか?このような運動の仕方でも、連続で歩くことと同様の脂肪燃焼効果があると言われているのです。

また、たとえ1日のうちで10分くらいしかウォーキングやジョギングができなくても、落胆する必要はありません。たったそれだけでも、間違いなく心肺機能は向上します。心臓が血液を送り出すパワーがアップし、脂肪の燃焼効率も高まるはずです。そうなれば、じっとしているときの脂肪燃焼量も増えるはずです。

効果的な有酸素運動のやり方としては、運動前にカフェインを飲んだり、筋トレをしたりする方法もあります。また空腹時を選んでウォーキングに出かければ、すぐにでも脂肪を燃焼することができます。

ブラックコーヒーや緑茶からカフェインを摂ったり、筋トレをすると、交感神経が優位になります。副腎髄質からはアドレナリンが、交感神経の末端からはノルアドレナリンが分泌されます。それが脂肪細胞内にある脂肪分解酵素リパーゼを活性化させるのです。筋トレの場合は、成長ホルモンによる脂肪分解作用も加わります。

有酸素運動の前に筋トレをして、カフェインを摂れば、最高に効果的な有酸素運動が可能ではないでしょうか?あなたの中性脂肪は、有酸素運動開始前に、すでに分解され、遊離脂肪酸となって血液中に大量に流れるのです。あとは有酸素運動を長くすればするほど、脂肪が燃えることになります。

空腹時の場合は、ホルモンのグルカゴンが、リパーゼを活性化することになります。夕食前の空腹時など、オススメの時間帯。

ただし、以上のような効果的な有酸素運動の方法も、筋肉が少なければ、まったく意味をなしません。脂肪というものは、全身の筋肉のなかで燃焼されるからです。そのため、本当に効果的な有酸素運動を行いたいなら、まずは筋トレによって筋肉を今よりも増やすことが、一見遠回りのようであっても、確実な方法なのです。それは、あなたのダイエットを成功させる土台となるにちがいありません。