効果的なダイエットの方法と秘訣TOP > 効果的なダイエット法とは? > ジョギングダイエットの効果的なやり方

ジョギングダイエットを効果的にするポイント

ジョギングダイエットの効果的なやり方について、解説します。

ジョギングというと、脂肪を燃焼するための有酸素運動というイメージがあります。ゆっくりと走れば、確かにその通りです。ですが、スピードを出すと、一転して無酸素運動の要素が強くなります。

有酸素運動は、運動中に脂肪を燃焼できるエクササイズ。いっぽう無酸素運動は、筋トレに代表されるように、筋肉を鍛えるエクササイズです。ゆったり運動すれば、消費カロリーが低いために、少しずつ脂肪を分解しながら運動できます。それに対して、消費カロリーが多い筋トレでは、筋肉内に貯蔵されているグリコーゲンが、おもに使われます。そのほうが効率的だからです。

同じ有酸素運動には、ウォーキングがあります。こちらはジョギングとよく似ていますが、実際にはかなり違っています。まず消費カロリーが違います。当然、ジョギングやランニングのほうが、消費カロリーが大きくなります。そのため、ダイエットで痩せるためには、ジョギングのほうが脂肪の燃焼効率がよいことになります。

ジョギングダイエットが効果的な理由は、走るスピードに変化をつけるだけで、有酸素運動と無酸素運動の両方が出来てしまうからです。ゆっくり走れば有酸素運動に、ダッシュすれば無酸素運動になります。

脂肪を燃焼するためには、通常は15分から20分くらい経たないと、燃えないといわれています。もちろん、実際には少しずつ燃焼していますが、主要なエネルギー源にはならないということ。でも、筋トレをまず行なうことによって、そのあと、すぐに有酸素運動によって脂肪を燃やすことができます。

その理由は、筋力トレーニングによって筋肉を刺激すると、筋肉が断裂・損傷します。するとそれを修復するために、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されてきます。これが脂肪の燃焼を促すからです。そのほか筋トレによって、交感神経系も刺激されます。これがアドレナリンとノルアドレナリンの分泌を促し、脂肪分解酵素であるリパーゼに働きかけるのです。

つまり筋トレをすれば、二つの作用によって、脂肪が分解されるということですね。これなら20分運動しなくても、すぐに脂肪が分解されます。これこそが、効果的なダイエットの方法といえます。ストレスもかかりません。10分運動すれば、まるまる10分間体脂肪を燃やせるのです。

ジョギングダイエットが効果的なのは、緩急をつけることによって、より効率よく脂肪を燃焼できる点です。たとえば、まずはウォーキングをしばらくして、体を慣らします。ウォーミングアップですね。そのあと、軽いジョギングに入ります。

そうやってある程度体を慣らしたら、ダッシュするのです。これによって脚の筋肉が刺激されます。成長ホルモンが分泌され、交感神経が優位になるわけです。そのあとに、スローペースのジョギングを長めに行なえば、効果的に脂肪を燃焼していくことができます。

普通は有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)は、別個に行なう手間がかかりますが、ジョギングダイエットの効果的な点は、これを一度にできるところです。もちろん、本格的に筋トレをしようとすれば、上半身も鍛える必要がありますが、ダイエットにおいては、上半身の筋肉は必ずしも鍛える必要はありません。

このように、ジョギングダイエットは効果的な運動ではありますが、欠点もあります。それはウェアに着替えたり、靴を履き替えたりして、気軽に始められないことです。この点、ウォーキングなら、通勤や買い物を利用したりできます。べつに着替える必要もありません。

そのため、どちらかというとウォーキングのほうがストレスが溜まりづらくなります。ダイエットで気をつけるべき点として、ストレスホルモンのコルチゾールがあります。コルチゾールは筋肉を内臓脂肪へと変換するホルモン。長時間のウォーキングでお腹ポッコリになる人がいるのは、ストレスホルモンの仕業です。つまり辛さを感じながら、我慢して行なうダイエットは、コルチゾールの分泌量を増やすのです。これは極端な食事制限でも一緒です。

その点から言えば、ジョギングダイエットは効果的といっても、少々の危険が伴うかもしれません。でも根っから運動が好きな人は、ジョギングという運動法は、とてもオススメできるエクササイズです。