効果的なダイエットの方法と秘訣TOP > 効果的なダイエット法とは? > ダイエットに効果的な運動って?

ダイエットに効果的な運動と筋肉

ダイエットに効果的な運動って何でしょうか?腰回しダイエットのように、腰をひたすら回すことでしょうか?それとも背伸びダイエットのように、大きく伸びをして、深呼吸をすることでしょうか?

そういった簡易的なエクササイズのダイエットも、面白いものですが、もっとベーシックとなるべきダイエットの運動方法があります。それは、しっかりと筋肉を付けるトレーニングと、脂肪を燃やす有酸素運動です。

ダイエットに効果的な運動は、結局はこの2種類しかありません。ストレッチもありますが、これは別にやらなくても、とくに問題はありません。ストレッチは、怪我の予防、あるいは安眠を得るためのリラックス法として、取り入れる程度でよいのではないでしょうか。

ダイエットに効果的な運動というと、有酸素運動がまず思い浮かぶものです。ダイエットする人が、一生懸命にウォーキングをしたり、ジョギングをしたりする光景が頭にあるからでしょう。また有酸素運動は、その名前からもわかるように、酸素を多く取り込んで、体脂肪を多く燃焼できるエクササイズです。

ダイエットで痩せるということは、言い換えれば、体脂肪をたくさん落とすということですから、有酸素運動に魅力を感じるわけですね。でも効果的なダイエットの方法をしていきたいなら、有酸素運動のみを頑張ることはオススメできません。また、今まで運動経験が乏しい人が、いきなり有酸素運動から入ることもオススメできません。

おそらく世の中のダイエットの指導者たちは、まずは筋肉を付けることから、させるのではないでしょうか?これは、どの指導者でも同じことをすると思います。なぜなら、脂肪を燃焼する場所は、筋肉しかないからです。筋肉量が少ない人は、脂肪を燃焼する場所が、ほとんどないのです。その結果、疲労だけが大きくなってしまい、コルチゾールというストレスホルモンが、乏しい筋肉をさらに分解してしまって、大変な事態になります。

筋肉が減れば、基礎代謝が減るので、太りやすい体質に拍車を掛けるだけです。そこでダイエットに効果的な運動として、まずは有酸素運動はさておき、筋肉を付けることが優先されるのです。

もちろん有酸素運動も並行して行なってもよいのですが、この場合は、脂肪の燃焼が目的ではなく、心臓を鍛えたり、酸素の利用効率のアップが目的です。有酸素運動に励めば、脂肪が燃えやすい体質になることは確かですから、筋トレと同時に行なってもよいのです。ですが、本当に有酸素運動で脂肪を燃焼できるのは、筋肉が発達してきてからです。

ダイエットに効果的な運動は、筋肉が土台となりますから、まずは正しい筋力トレーニングを心がけることです。上半身、腹筋、下半身と均等にバランスよく、鍛えるようにしましょう。上半身は腕立て伏せ、腹筋は上体起こし、下半身はスクワットというのが定番です。そのほか静止して筋肉を発達させるアイソメトリクスという運動法もあります。これなら、たったの7秒あれば、筋肉を発達させることができます。

筋肉を付けるためには、筋トレをひたすらやっていてもダメです。必ず筋肉を休息させなければなりません。筋肉を鍛えると、筋繊維が断裂し、損傷します。これが修復されるには、最低でも48時間が必要といわれています。年齢を重ねるほどに、回復までに時間がかかる傾向があります。ですから年配の方なら、72時間おきに筋トレをするくらいで十分ではないでしょうか?

ダイエットに効果的な運動にするには、筋肉の材料となるタンパク質を、食事から補う必要があります。これをしないと、筋肉が発達せず、したがって基礎代謝も向上しません。オススメは、アミノ酸価が高く、良質の脂肪(n-3系の必須脂肪酸、オメガ3)が含まれている青魚です。これには「食欲を抑制するヒスタミン」の前駆物質であるヒスチジンも含まれています。青魚に含まれているEPAやDHA、タウリンも、脂肪を減らすためには見逃せません。

以上のようにダイエットに効果的な運動には、有酸素運動と筋トレがあるわけですが、優先順位が存在します。ある程度、筋肉がついてきたころを見計らって、有酸素運動の時間を多くすることが、ストレスなく効率的にダイエットで痩せていく方法になります。